ヤクトク

日々の生活に役に立つお得な情報お届け!知って得して疑問もスッキリ解決!

体の症状 病気

EBウイルスの症状や感染経路は?子供がかかると発疹がでる?

投稿日:

声優の松来未祐さん亡くなった原因としても話題になっている
EBウィルス(エプスタイン・バー)。

子供がこれにかかると発疹が出ると言われています。
風邪に似た症状なので、注意が必要と言うことですね。

肝臓にも悪いとか。

症状の詳細や感染経路について見てみましょう。

EBウィルスとは?

32_04EBウィルスはヘルペスウィルスの仲間で
1964年に発見されました。

EBウィルスは世界中で5歳までに50%が感染し
20歳以上のヒトだと感染率は90%以上になります。

ですが、最近は初めて感染する人の
年齢が上がっているという報告もあるそうです。

小さい頃にEBウィルスに感染すると不顕性感染ということになりますが
思春期以降に感染すると”伝染性単核球症”という病気になります。

EBウィルスは大多数の人が感染を経験しているものの
通常は特に問題にはならずに済んでいるそうです。

大多数の人の場合は、
一生体の中でおとなしくしていると言うことですね。

EBウィルスは人の唾液の飛沫などで
幼少期から思春期にかけて自然に感染が起き

ヒトリンパ球内で増殖しますが、
体内委の免疫機構により処理され、多くの場合は抗体ができ制御されます。

なので、心配することはないのですが
希にEBウィルスの再活動で発熱や肝臓の炎症を起こすことがあります。

年齢が上がって免疫のバランスが崩れたときや
免疫抑制剤による治療を受けているときなど

CTLの動きが不十分になった場合には、
CTLという見張り役がいなくなります。

そこで、EBウィルスに感染したB細胞が増え
場合によっては重症化するということですね。

それが”慢性活動性EBウィルス感染症””伝染性単核球症”という病気です。

EBウィルスの症状や感染経路は?

慢性活動性EBウィルス感染症にかかると、

症状として

・極度の疲労感
・発熱
・のどの痛み
・リンパ節の腫れ

などがあげられます。

こうして見ると本当に風邪と同じような症状ですよね(´Д`;)
見分けが付かないといってもいいかもしれません。

感染してから症状が出るまでの期間は通常は30日~50日とされていて
この期間は潜伏期間と呼ばれているそうです。

ということは、見極めとしては
風邪の症状があまりにも長いと疑う必要があると言うことですね。

1ヶ月以上も風邪の症状が続いている場合には怪しいと言うことです。

他にも感染していると思われる場合次のような症状も見られます。

・高熱(39度~40度)が出続けるがその他の風邪の症状(咳、鼻水など)が弱い。
・1週間を過ぎても熱が上り続け、意識が朦朧とする。
・肝機能障害があらわれ、尿から異臭が出る。
・ウィルスが腸に回ることもあり、嘔吐、食欲不振がおきる。

またリンパ節の腫れがあり、クビが目立ちます。

脾臓や肝臓が腫れることもあり
急性肝炎の原因になることもあるそうです。

感染経路感染者の唾液との濃密な接触だと考えられているようで
キスすることによっても感染すると言うことです。

でも、よく考えると症状は風邪に似ていると言うことですから
風邪引いているときにキスする人はあんまりいないような気もしますが。

くしゃみで唾液が飛んでということもあるでしょう。

できるだけ、風邪に似たような症状があるときは
他人への感染を防ぐためにもマスクしましょう。

また、風邪のような症状が出ている人が周りに居たら
自分が風邪をひいてなくてもマスクをするというのも予防になりますね。

子供がかかると発疹がでる?

EBウイルス感染は子供の頃にほぼ、みんながかかると言うことですが
希に子供にかかったときに発疹が出ることがあるそうです。

目が腫れたり、クビのリンパ節が腫れたりといった症状の他に
発疹が出来ると言うことです。

ヘルペスのような炎症性の発疹で
特に口の中などの粘膜にでることが多く
痛みを伴うこともあるようです。

大事なのは、病院への受診でしょう。
肝臓や脾臓への大きな影響を与えることもあります。

今のところ、治療薬などはあまりないそうです。
安静にしているというのが大事ということです。

まとめ

EBウイルス感染症について調べました。

大多数の人がかかるEBウィルスですが
やはり怖い病気だと思います。

合併症が怖いですよね。

子供の時はまだ抗体が作られていないこともあるため
様々な症状を起こす心配があります。

症状を悪化させないためにも子供の健康状態を維持し
適切な生活リズムを徹底することで目根期機能を高めるというのも必要ですよね。

そして何よりも、早い病院受診だと思います。

風邪かな?でも風邪とはちょっと違うなと感じたら
病院へ受診して検査をすることを進めます。

そうしなければ、病状が悪化していくことにもなりますし
他の人へ感染するかもしれません。

あとは風邪のような症状がある時は
キスはしないでください!ということですね。

-体の症状, , 病気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

実は私たちにも身近な問題、足の裏の角質対策

この夏、かなり話題なのが「足の裏の角質対策」です。 こう言うと、なんとなく「美容に特に興味関心の強い、格別きれいな女性」が エステサロンで特別ケアのコースをお願いして・・・といった感じですね。 ですが …

花粉症2016年の対策まとめ!食べ物はヨーグルトが有効!

冬が過ぎ、まもなく花粉症の季節ですね。 2016年の花粉はどうなんでしょうか? 花粉症対策として、今回は食べ物での予防法です。 ヨーグルトが有効ということですよ。 まとめてみました! Contents …

冬に手の皮がむける原因は?水虫や汗疱の可能性?対策は?

冬になると指先や手の皮がむけることがあります。 毎年なるので困ってしまいますが、原因は何なんでしょうか? 手の皮がむけるというのは、水虫や汗疱の可能性もあるのでしょうか? 対策はどうしたらいいのか気に …

手汗が気になって手を繋ぐのが怖い!即効でとめる方法と対策まとめ!

人と手を繋ぐ際や電話の受話器の受け渡しにも気を使ったり、 PCのマウス・キーボードのベタベタ感、スマートフォンが 汗びっしょりで誤作動を起こしたりなど。 手汗で秘かに悩んでいる人は意外と多いんですね。 …

膠原病とは?初期症状や原因について!検査はどうすればいい?

皆さんは膠原病というのをご存じでしょうか? 今回、女優の酒井若菜さんが発症したということで 初めて耳にした人も多いのではないでしょうか。 膠原病について初期症状や原因、 どんな検査をすれば発見できるの …