ヤクトク

日々の生活に役に立つお得な情報お届け!知って得して疑問もスッキリ解決!

体の症状 花粉症

【花粉症】2016年の対策!薬のオススメは?花粉の量やピークは?

投稿日:

花粉症対策の時期になってきましたね。

2016年の花粉症の対策を行いましょう。

花粉の量やピークも気になりますよね。

また症状によるおすすめの薬も気になります。

まとめて調べてみましょう。

2016年の花粉の量やピークは?

杉花粉

2016年の春のスギ花粉の飛散開始は西日本と
東日本では例年より早いところが多いようです。

また、北日本では、例年並みと言われています。

今現在では、中国、四国、東海、関東地方から
花粉のシーズンといえるでしょうね。

西日本と東日本は気温が例年より高いようです。
ということはスギ花粉の飛散開始が早いと言うことですね。

ということで、西日本、東日本はスギ花粉の飛散開始は早いと言えます。

北日本は例年並みと言うことですね。

各地域のピークは?

illust

スギ花粉のピークは福岡は2月下旬から3月上旬。

高松、広島、大阪、名古屋、投稿は3月上旬から
中旬がピークだと言われています。
金沢、仙台は3月上旬から下旬がピーク

スギ花粉のピークが終わった後は、
各地でヒノキ花粉がピークを迎えるということです。

花粉の量は?

2016年は九州、四国、東海関東甲信地方では
2015年よりも多いようですね。

多く飛散する可能性があるということです。

中国地方は昨年ぐらい、近畿、北陸、東海地方と
北海道は少なめということです。

下にまとめます。

北海道  シラカバ花粉 前シーズンの80% 例年比40%

東北   スギ・ヒノキ 2月下旬~3月下旬 前シーズンの80% 例年比120%

関東甲信 スギ・ヒノキ 2月上旬~2月下旬 前シーズン比110% 例年比90%

北陸   スギ・ヒノキ 2月中旬~2月下旬 前シーズン比80% 例年比80%

東海   スギ・ヒノキ 2月上旬~2月中旬 前シーズン比130% 例年比60%

近畿   スギ・ヒノキ 2月中旬      前シーズン比70% 例年比40%

中国   スギ・ヒノキ 2月上旬=2月上旬 前シーズン比90% 例年比50%

四国   スギ・ヒノキ 2月上旬      前シーズン比120% 例年比40%

九州   スギ・ヒノキ 2月上旬      前シーズン比160% 例年比40%

ということです。

九州は昨年よりも飛散数が多くなっていますので、注意が必要ですね。

また、東北は例年比よりも飛散数が多くなっています。

全体的には2016年のスギ花粉は飛散開始時期は早めで、
飛散量はやや少なめという傾向のようです。

なので花粉症対策は早めにしなくてはいけないですね。

薬のおすすめは?

post_9401_kahun

一番良いのは、市販薬を買うよりも、
医者から処方される処方薬の方がいいです。

圧倒的におすすめできます。

処方薬は副作用も少なく、効き目も長いということです。

基本的には病院に行って、ザイザル、ナゾネックス等を
処方してもらうのが良いと言うことですね。

それでも、病院に行くのが嫌だったり、
時間がかかるから嫌という人は多いでしょう。

また薬局で買える市販薬の方が楽という考えもあるでしょうね。

ということで、市販薬でのおすすめを紹介しましょう。

○くしゃみ、鼻水に効く市販薬

・ポララミン錠2mg 眠気などの副作用は強いですが、その分効き目はあります。

・サジテンAL鼻炎カプセル ポララミンよりは眠気の副作用は弱いですが、服用の際には注意が必要ですね。

・アレジオン10 症状が比較的軽めなかたにおすすめ。副作用も軽めです。

○鼻づまり似聞く市販薬

・パブロン鼻炎カプセルZ 市販薬の中では一番効き目が強いと言われています。
これでも効かない場合は病院へ

・アルガード鼻炎内服液ZⅡ 効き目がよわいですがバランスが良いようでね。

・アレグラFX 眠気などの副作用が殆どない、運転する方におすすめです。

○目のかゆみを抑える市販薬

・アルガード 効果は抜群で、効き目も即効性があります。

・サジテンAL点眼薬 長期間の連用にも副作用が少ないです。

・AG EYES

副作用もなく、予防効果が高いと言うことで、
シーズン前からの使用をおすすめします。

簡単にいうと、効き目がある物はそれだけ副作用が強いと言うこと。

難しいところですね。

自分の花粉症の度合いによって薬選びも変わってくるでしょう。

自分に合った薬を選ぶというのが大事ですよね。

まとめ

私は花粉症には幸いなっていません。

でもいつ花粉症にかかるかはわかりませんよね。

そういう人は多いと思います。

急に花粉症になり、その後ずっと悩まされるということです。

そういうことのないように、対策をしていきましょう。

-体の症状, 花粉症

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

しもやけがひどい時の治療法やマッサージ!放置は危険!

いよいよ本格的な冬が到来し、雪が積もっている地域もある様ですね。 雪でべちゃべちゃの道を歩くと、靴に冷たい雪水がしみ込んでしまって しもやけになってしまう事があります。 しもやけは適切な治療をせずに放 …

足の裏の皮がむけるけど痒くない人!原因や治し方をチェック!

足の裏の皮がむけると困りますね。 特に素足になる機会の多い夏だと、 足の裏の皮が気になります。 「水虫かも?」と思うかもしれませんが、 痒くない場合はどうなんでしょうか? 見た目にも悪いし、どうにかし …

肩甲骨の痛みやしびれの原因は左右で違う?治し方は?ストレッチの方法も!

普段あまり意識はしていない肩甲骨ですが、痛みやしびれがあると辛いですね。 肩甲骨の痛みやしびれの原因は左右で違いがあります。 治し方はどうやったら治るのでしょうか? 痛みやしびれを治す為の肩甲骨のスト …

子供のマイコプラズマ肺炎は自然治癒がいい?完治までの日数は?

子供は大人より抵抗力が弱い分、実に様々な病気に罹りやすいですよね。 そんな子供の頃に罹りやすい病の1つである“マイコプラズマ肺炎”ですが、 実は自然治癒した方が良いと言われているそうです。 本当でしょ …

辛い口内炎に!しみない食事とレシピまとめ~子供から大人まで~

口内炎ができると困るのは食事です。 本人ばかりでなく見ている周りの人も辛くなってきます。 普段は楽しみな食事が、この時だけは暗いものになりますね。 そこで今回は、口内炎のときに摂りやすい食事とレシピや …