ヤクトク

日々の生活に役に立つお得な情報お届け!知って得して疑問もスッキリ解決!

体の症状 生活 病気

ジカ熱とは?妊婦は子供が小頭症になる危険も!ブラジルの状況は?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

中南米を中心に流行しているジカ熱とはどんな症状なのでしょうか。

感染すると妊婦は子供が小頭症になる危険もあると言うことです。
怖い病気ですよね。。

予防法なども知っておきたいですよね。

ブラジルの状況なども併せて詳しく調べていきましょう。

ジカ熱とはなんでしょうか?

ジカ熱を今回のニュースで
初めて聞いたという人がほとんどなのではないでしょうか。

私もその一人なのですが。。

調べたところによると、
ジカウイルスの感染によって発熱や発疹などを引き起こす感染症ということです。

そもそもジカウイルスって何?ってことですけど、

ジカウイルスというのは、RNAウイルスの一種ということで
1947年、ウガンダで初めて確認されていたそうです。

そのときは問題視されていなかったということですけどね・・・

簡単に言うとジカウイルスを持つ蚊に刺されて
発症するのがジカ熱ということです。
zika-mosquito-aedes-aegypti
テング熱とかと同じですね。

3日~12日の潜伏期間の後

急性の発熱、非化膿性の結膜炎、頭痛、筋痛、関節痛、脱力等の症状を起こし、
食欲低下、嘔吐、下痢、腹痛を起こします。

症状は4~7日間続き、自然に収まると言うことです。

また、このウイルスに感染しても発症しない人もいると言うことです。
軽症のこともあるので、ジカ熱だと気づかない人もいるそうです。

そして生命の危険はほぼ無いと言うことですね。
感染して抗体ができると、生涯この病気にはかからないということです。

何だ、それなら別に心配するほどの病気じゃないな!
って思っちゃいますけど、実は怖い病気なんですよね。。

妊婦は子供が小頭症になる危険も!

上記に説明したように、
ジカ熱自体はそう怖い病気ではないのかもしれません。

しかし、妊婦が感染すると先天的に脳の発育が不十分な
”小頭症”の新生児が生まれる恐れがあると言うことです。

これは怖いですよね。

世界保健機関(WHO)は2月1日
「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」にあたると宣言。

WHOは各国にジカ熱の感染状況の監視強化、
流行拡大を防ぐ措置、ワクチンの開発研究などを勧告しました。

そうなんです。

これだけ医学の進んだ2016年でも
ジカ熱に対するワクチンや有効な治療薬は開発されていないんですね。

だから、現在唯一できる手段は”蚊に刺されない”と言うことだけなんです。

でもこの”蚊に刺されない”っていうのは難しいですよね。
その場所に行かなきゃいいってことなんでしょうけど。。

さて、ジカ熱は中南米で流行していると言うことですが、
実際の状況はどうなっているのでしょうか。

調べたところによるとブラジル保健省ではこの半年で
過去5年間のおよそ10倍にあたる2401人の小頭症の新生児が確認されたと言うことです。
_87984900_87984899
その妊婦を調べると妊娠初期にジカ熱の症状を発症していたことがわかりました。
着実にジカ熱による小頭症への影響が増えていると言うことです。

_87909787_hi030701139

http://www.bbc.com/japanese/35406952

ちなみに小頭症とは普通よりも
脳が極端に小さい病気で奇形症候群の一つと考えられています。

頭が小さく、食欲不振、発達の恐れ、精神遅滞などがあるようです。
せっかくの赤ちゃん、無事に生まれて欲しいと思うのはみんなの願いですよね。

ブラジルの状況は?

ブラジルの現在は非常に危険な状態と言うことですね。

大流行の恐れもあると言うことです。

数ヶ月以内には北米でも拡大し、
感染者は400万人にも上る可能性があるとWHOは警告しています。

ブラジルと言えば2月にはリオのカーニバル、
AS20150224002323_comm
そして6月にはオリンピックがあります。
2016
それだけ人が集まると言うことです。
なので危険なんですよね・・。

原因は”蚊”です。

ジカ熱は感染している人を蚊が吸血して、
その蚊が別の人を吸血することで、感染が拡大していきます。

なので、感染してもほとんど人が症状が出ない場合が多く症状が軽いので、
広がりが把握しにくいということですね。

先ほど書いたように、ブラジルで大きなイベントがあり大勢の人が溢れます。

その人達がもし蚊に刺され、その人達が自分の国へ帰ったとしたら、
その国でもジカ熱は拡大しますよね・・・。

恐ろしいと思います。

ブラジル政府は蚊を殲滅するために対策しているようです。

蚊の生息しそうな場所に殺虫剤をまいたりなど、対策を強化しているそうですが、
現状は難しいようですね。

蚊の繁殖に適した、衛生面が悪い貧困地域なども多いと言うことです。
早くワクチンを作るなり対策しないと、世界中に広まってしまいそうです。

まとめ

ジカ熱について調べました。
怖い病気だというのがわかりましたね。蚊って怖いです。

日本もブラジルから遠い国だからと安心していると
大変な目似合うと思います。

今のうちから蚊に刺されないような対策はしておいた方がいいですよね。

そして、感染の危険性のある国への旅行をしないというのが
今できる最大の防御ではないでしょうか?

しかし、現在ブラジルに住んでいる日本人もいるでしょうし
自分がその国へ行かなくても日本に入ってきてしまったらもう自分の身は自分で守るしかなくなります。

この時期は日本は寒くて蚊が生きられる環境ではないということで
日本での感染の可能性は低いということですが

これから暖かくなってきたら、
蚊に刺されないように対策をしていきたいところです。

特に妊娠中の方は十分注意しましょう。

Pocket
LINEで送る

-体の症状, 生活, 病気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

節分 2016年!東京でのイベントや芸能人が来るおすすめスポット!

新年を迎えた後も、何かとイベントがあるこの季節。 その一つである節分の日が近づいてまいりましたね。 2016年の節分の日は、 東京でどんなイベントをやっているのでしょう? 今回は節分の日に都内で行われ …

納豆の食べ過ぎは実は良くない?体への害や副作用に気をつけて!

ほかほかの温かご飯に香り豊かなねばねばの納豆。 まさに日本人に生まれてよかったと思う瞬間ですよね。 健康食品としても非常に優秀な効果を持つ納豆ですが、 やはり度を過ぎるのは何事もよくなく、納豆の食べす …

EBウイルスの症状や感染経路は?子供がかかると発疹がでる?

声優の松来未祐さん亡くなった原因としても話題になっている EBウィルス(エプスタイン・バー)。 子供がこれにかかると発疹が出ると言われています。 風邪に似た症状なので、注意が必要と言うことですね。 肝 …

髪の毛を早く伸ばす方法とコツ フサフサの髪を手に入れよう

今日の話題は髪の毛についてです。 耳が痛くなるような話題ですね… 髪の毛がもともと薄い人はもちろんですが、髪を切りすぎてしまったり、 アレンジしたいけどもう少し長さが必要だったり… 「髪を早く伸ばした …

喉は痛くないのに異物感がある!ヒステリー球が原因かも?

喉は痛くないのに、喉に何か詰まっているような 異物感があることがあります。 これはヒステリー球が原因かもしれません。 ヒステリー球とはどんな病気でしょうか? ヒステリー球はどんな人に生じやすいのでしょ …