ヤクトク

日々の生活に役に立つお得な情報お届け!知って得して疑問もスッキリ解決!

芸能

星野源のエッセイ新刊の新垣結衣についての内容がまるでラブレター?!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

ドラマ逃げ恥」、自作の曲である「」の大ヒットで、国民的スターとなった星野源さん。
真田丸」や「紅白歌合戦」でもその人気っぷりを知らしめました。

出典:http://www.oricon.co.jp/

そんな星野源さんは、もともと書籍もいくつか出されていますが、2017年3月30日に新刊が発売に。

もともとダ・ヴィンチ」という雑誌で連載をしていた内容が、今回エッセイ集としてまとめられたそうです。
連載がはじまったのは2012年
その後、星野源さんの闘病などで期間があいたものの2014年の復帰後から再度今の形での連載を再開されたとか。
好きな人についての連載のようですが、もともとはお悩み相談的な連載だったそうですね。

出典:http://www.excite.co.jp/

さて気になるのはこのエッセイの内容
しかもネットでは、逃げ恥」の共演でも話題となった新垣結衣さんについての内容を知りたい人が多くいらっしゃるようです。

新刊のエッセイ「いのちの車窓から」に掲載されている新垣結衣さんについての内容を私なりにまとめます♪

星野源、エッセイ新刊で語る新垣結衣のこと

実際の文章は、是非とも星野源さんの「いのちの車窓から」で読んでくださいませ。
ここでは、ネタバレになりすぎないように、それでも要点をまとめつつ、星野源さんが書いた新垣結衣さんについての内容を書きます。

このエッセイのなかでのタイトルは、まんま「新垣結衣という人」。

出典:http://www.jprime.jp/

日本中に大ブームを巻き起こしたドラマ「逃げ恥」の撮影中に書かれたものなんだそうです。

逃げ恥の中の「みくり」としての新垣結衣さんにも触れていながら、星野源さんが書くのはあくまで「新垣結衣という人」。
私たちは見ることのできない、素の新垣結衣さんを垣間見ることのできる内容です。

星野源はやっぱり新垣結衣が好きなのか

そして、新垣結衣さんとの会話もいくつか紹介しています。
全体の文章の流れをまとめていうのなら、新垣結衣さんが謙遜したような発言をする星野源さんはそれに対してまったく逆の好印象で受け取っていることを表す内容になっています。

例えば、新垣結衣さんが運動には自信がなく早く動くことが苦手、というような内容のことを話せば、星野源さんはドラマ撮影中の新垣結衣さんの演技に対するスピード感を褒めたたえ、「繊細で周りをよく見ている敏感な人」と賞す

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

そして印象的だったのが、星野源さんが新垣結衣さんについて「普通であること」の素晴らしさを前面に押し出していたこと。
新垣結衣さんは10代そこそこからモデルとして活動し始め、人気女優として沢山のドラマなどに出演されてきました。

芸能界で成功すると、チヤホヤされて注意してもらえることも少なくなる、とも星野源さんは書いたうえで、長年第一線にいるにもかかわらず、あくまで「普通の女の子」でいることを大絶賛しているのです。

そして、褒められると恥ずかしいが勝ってしまうという新垣結衣さんに対し、最後も本当に素敵な普通の女の子だとしめくくっています。
ネットでは、星野源さんは新垣結衣さんが好きらしいとか、もしかして付き合っているなんていうウワサもあったようですが、信頼し合った仕事相手というか、むしろ星野源さんがこれほどの人気女優になっても、「普通」にそこにいられる新垣結衣さんを尊敬しているような印象をうけました。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

星野源さんは、自分でも人好きであることを公言していますし、人を褒めるのも大好きなんだそうです。
新垣結衣さんを嫌いな男性はそうそういないであろうと思いますが、文章を読んで星野源さんのことを嫌いという女性もほぼいないだろうなと確信しました。

逃げ恥」スタート時には、名前程度しか知らなかった私ですが、今ではどっぷり星野源さんが好きです。笑

エッセイ新刊「いのちの車窓から」の他の内容は?

今回発売された「いのちの車窓から」には、「ダ・ヴィンチ」に掲載されていた文章の他にも、「新しい書下ろし」もあります。
嬉しいことに、逃げ恥」撮影中の秘話や、名曲「SUN」や「」が出来上がるまでの話、「紅白出場」についての内容も。

そしてこのエッセイの中で、一番早く書き上げたのは「新垣結衣という人」だったそうですよ。
なんでも書いたタイミングが「逃げ恥」の収録中だったこともあり、筆のすすみがよかったんだとか。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

そして以外にも自分の代表曲のひとつでもある「SUN」が出来るまでについて書いたエッセイが一番時間がかかってしまったそうです。
自分のことよりも、男性女性問わず好きな人についての方が星野源さんには書きやすいようですね。

そしてどのエッセイの文章も、とってもとっても魅力的です。

星野源に学ぶ「人を好きになること」

星野源さんのエッセイを読むと、うらやましくなるほどに「人が好きなんだな~」と思わされます。
なんでも、幼少のころからすぐに人に抱きついてしまうような、人懐っこい少年だったそうです。

成長とともに、ウザいと思われることを拒み、「人見知り」として人との間に距離を設ける時期もあったとはいいますが、一週回って自分に素直になることを選んだそうです。

出典:http://www.tokyo-sports.co.jp/

星野源さんの「自分に素直になる」というのは好きなら好きでいいじゃないか、ということなんだとか。
好意をあからさまに出して嫌われてしまったとしても、自分は好きなんだから変えなくてもいいか、という考えにたどり着いたんだそうです。
それが今回のエッセイの内容でもビシビシ伝わってきます。

今の芸能界では、人の悪いウワサ、失敗ばかりを責め立てる風潮がある中で、星野源さんはもっと人のいいところを見たい、と考えてもいるそうです。

確かに、人の嫌いなところ、イヤなところを見つけてしまってガックリするより、いいところを見つけて好きになりたいですよね。
もちろん自分自身のことだって同じです。

出典:http://www.tokyo-sports.co.jp/

今回のエッセイに登場してくる人々は、全て星野源さんが本当に好きな人ばかり
読み進めるごとに登場人物の意外な一面が垣間見えたりしてとっても楽しい本です。

逃げ恥」も終了して、星野源さんのことが頭の片隅へと追いやられてしまいそうになっていた矢先、またもや星野源さんに夢中になる一冊に出会ってしまいました。

新垣結衣さんのことをどう好きでも、星野源さんをひたすら応援したい私なのでした。
でもやっぱり、星野源さんのエッセイの新垣結衣さんについての内容には、うらやましさとジェラシーを感じてしまったのも事実です。

Pocket
LINEで送る

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【振付師】武田舞香が中居正広と6年間の同棲報道!結婚や子供も考え始めた?

中居正広さんが元ダンサーで振付師の武田舞香さんと6年間も同棲していた、という報道が出ました。 出典:http://www.news-postseven.com/ 中居正弘さんといえば、日本人なら知らな …

高橋一生大ブレイク!「逃げ恥」を視聴率で超えられるのか?実家や結婚も気になる・・・

大ブームを巻き起こしたTBS火曜10時のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の枠で新ドラマがスタートしました。 その作品は「カルテット」。 出典:https://news.nifty.com/ 弦楽四重奏 …

田中圭は大ブレイク間近?!ドラマ「恋ヘタ」ツイートが止まらない

俳優の田中圭さんが、星野源さんや高橋一生さんのように大ブレイクするのでは?とささやかれています。 現在、テレ朝系「警視庁・捜査一課長 season2」と日テレ系「恋がヘタでも生きてます」の2つのドラマ …

米倉涼子の新恋人は安住紳一郎?離婚後の初仕事はシカゴ再演!評判は?

米倉涼子さんは、プライベートでは2016年の年末に会社社長である旦那さんとの離婚発表されましたね。 その結婚生活はわずか2年。 しかもほとんどの期間、一緒に生活はしていなかったようですね・・・。 しか …

YOSHIKIのピアノの実力、カーネギーホールでの評判は?年齢や彼女、結婚は?

YOSHIKIさんといえば、ロックバンド「X JAPAN」を率いるドラマーであり、ピアニストであり・・・ そのミステリアスな雰囲気もさることながら、音楽業界では高い評価を得ています。 その一方で破天荒 …